絃の響き

箏 三絃 尺八... あまり耳にする事が無くなった和楽器についてのよもやま噺です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テン・トン・シャン

BPICT0369.jpg







コンビニに用事があり、午後11時過ぎに家を出たら、何処からか聞こえる三味線の音.......

一瞬、空耳かと思ったけれど確かに....。




その音色からしてどうやら津軽三味線らしいのです。




自宅を出ると直ぐに高速道路があり、どうやらそこと私鉄の橋脚が交差する側道で誰かが練習をしているらしく....。





チョッと興味があったのでコンビニに行くには遠回りだったのですが、側道に入ってみました。





いましたね!^^折りたたみのイスに座ってコンクリートの壁に楽譜をセロテープで止めて、一心不乱に練習をしている方が。^^



見た感じは、30代のサラリーマンらしき人。





きっと、自宅(アパート?)では苦情が来るので弾けないのでしょう。


確かにここなら高速を走る車と電車の音にかき消されて、心置きなく練習が出来る筈。

しかも夜間は殆ど人が通る事の無い場所なので....。






私も若い頃は一日中練習をしていたなと...とても懐かしく。






でも三味線を外で演奏するには勇気が要るのです。


室内で演奏する事の多い三味線は、湿度の変化にはとてもシビアで、津軽三味線の様な皮の厚い楽器は別にして、地歌、長唄の三味線は、室外だと皮が裂けたり捲れたりするのですね。



でも頑張れ!若者君。



日本の響き...皆に伝えてね。^^







スポンサーサイト
  1. 2005/06/25(土) 00:28:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音と言葉 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomi0.blog8.fc2.com/tb.php/47-9181ec36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

gomi0

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。